成分を知る

上目遣いのマスカラ

いつまでも若々しい素肌を保つためにエイジング対策のスキンケアをする必要があります。
エイジングスキンケアには、「保湿」と「美白」があります。
基礎化粧品でも、潤いを与える保湿系と、シミに効果がある美白系があり、悩みに応じて使い分けられるようになっています。
保湿ケアは年齢に関わらず誰でも必要なものです。
保湿ケアをして健康的でキメがふっくらと整った素肌になると、化粧ノリがよくなります。
年を取るとそれまで浴びた紫外線がいつの間にかシミになって出てくることがあります。
そうなってから後悔しないために美白ケアは大切です。
「自分はまだ大丈夫」とは思わず、まだ見えない段階からシミ対策を心がけることで、50代になったときに素肌に差が出てきます。

たるみやしわ、シミなどの加齢による肌トラブルを自分で解決できなくなったら、クリニックで美容治療を受けて解決するという手もあります。
美容皮膚科に行けば、大掛かりなリフトアップ手術をしなくても、手軽に若返り治療ができます。
ビタミンなどの美容点滴は、点滴をすることでシミを予防できる治療です。
ゴルフやマリンスポーツなどで多めに紫外線を浴びた後に点滴を打つことで、後にシミになるのを予防できます。
レーザーを照射することでコラーゲンの生成を促進させ、美肌効果と若返り効果が得られる治療もあります。
クリニックの美容治療は、毎日こつこつとエイジングスキンケアをするのとは違って、その日のうちにすぐに効果が分かるのが魅力です。